ソレイユワインとネコのイラスト

ソレイユワインホームページをご訪問いただきありがとうございます。見て読んで聴いてワインがもっと美味しくなるサイトにしていきたいと思っています。どうぞ末永くよろしくお願いします!

now on sale

VŒU ROUGE & VŒU BLANC

Vœu[vø]は仏語で「願い」「誓い」「祈り」の意
土器の天使にコロナ禍からのメッセージを込めた
新シリーズが誕生します

SERIES VŒU CONCEPT
ヴー シリーズ コンセプト

私たちは日々ブドウとワインとに接しながら、自然による数々の制約や禁止に従いつつ、その恵みを享受しています。恵みとはただ収穫物のみにあらず、ブドウの成長や発酵に接し、さまざまに想像したり考えを巡らしたりしながら、ものを作る過程すべてです。幾度となく収穫と仕込みを経験しても、毎年発見や驚きがある。だから来年も真摯に取り組みたいと思えます。

生物の進化に大きく関わってきたという遺伝子の突然変異。知識と実践の積み重ねによって蓋然性を獲得してきた「科学」と、変異をもたらす「偶然性」とのパラレルな関係が変わる事はない。だからおそらく、人間が人間でなくならない限り、ウィルスに対して人が優位にたつ事はないのでしょう。ウィルスは非生物でも自然の一部には違いなく、実体のあるモノというよりは、自然からの人間に対する忌避の要請そのものではないだろうか。謙虚に受けとめ、科学の成果を利用しながらも、実のところひたすらに避けるしかないのでは。(世界中から人を呼んでお祭をやる事はこの要請に反している)

今、私たち酒類生産者を含め、飲食業界はかつてない危機的な状況に陥っています。もしこのままコロナが収まらなかったら、など想像するだけで恐ろしいですが、可能性はあるのだから覚悟しなければいけない。生きるために別のやり方をさぐる事になるのかもしれない。環境の変化に応じて、身近にあるものから生きる術 “art”を生み出してきた古代人のように。

「家の外」で食事をするという行為は、異文化体験の契機としても、酒と料理の多様性と調和をしる愉しみとしても、また職人の技や創意にふれ非日常に身をおく時間としても、コンサートや観劇にも通じる貴重で尊い活動です。自然の恵みの証である酒は、そういう日常と非日常の踊り場にたゆたい、生を活気づけるものだと信じてきました。生命の維持、経済の維持はもちろん必要。でも自然を源泉とする創作活動と、それを全身で享受する事もまた、人が人として生きる上で欠かせないものです。科学の声に耳を傾け形を変えながらも、私たちは私たち自身の、響きと彩に満ちた生活をまもらなければなりません。

このワインを飲むひと、売るひと、ブドウを育てるひと。皆にひと時の慰めと希望がもたらされますように。


VŒU ROUGE (ヴー ルージュ)

温暖化の影響で満足のいく熟度に達さないようになり、この年をもって伐採した自社「陽畑」メルロー。10数年にわたって良い実をもたらしてくれました。樽熟成し同じ山梨市で萩原進氏が栽培する甲斐ノワールとブレンド。山ブドウのような深紫色で酸味の強い甲斐ノワールとそれぞれの欠点を補い合い、ジビエにあう力強く野性的なワインになりました。初めて発酵をしった縄文人に思いを馳せ、陶磁器のゴブレットで味わうとまた違った趣です。

※旧トピネ・ルージュ

VŒU BLANC(ヴー ブラン)

千野ヤマジで小川親子が栽培する短梢甲州をステンレスバレルで嫌気的に醗酵。柑橘やハーブの香とクリアな酸が持ち味です。父・小川孝郎氏は自ら編み出した新短梢方式、減農薬・肥料で10数種ものブドウを栽培しており、廃材で作った山頂の小屋はいつかは役にたつかもしれないモノが所狭しと並んでいます。そんなブリコラージュ的手法は私たちのワインづくりでも大切にしている部分です。

※旧 千野甲州ノンバリック

エチケット

立体 小内光(おさないひかり)「天使のオーナメント」

デザイン 明津(浅田農)

小内光(おさないひかり)
1993年新潟県生まれ。2011年より東京都在住。詩やテキストの執筆や本を出版することと並行して、土を焚火で焼き締めた立体物(土器)を制作、展覧会の形で作品の発表をしている。第18回中原中也賞最終候補(後藤ユニ名義)。主な著作に「300年のヒント」「わたしの虹色の手足、わたしの虹色の楽器」、またそれぞれ同名の個展がある。

Instagram
@osanaihikari_works

お知らせ

お知らせ一覧

オンラインショップのバナー
オンラインショップのバナー